息子たちに幸あるならば

6月12日、その日は出掛けに犬のウンチを踏んだ。

審判の割り当てがあったため、選手とは別に早朝、岩手の会場に車で向かった。

途中サービスエリアで 『 大 』 をしようとトイレに入る。 

便座に座り大の前に小をする。 

なんと便座と便器の隙間が広く、小が膝まで下ろした短パンにかかる。 ほぼ全部・・・。

トイレから出られなくなる・・・。 考える・・・。 一人・・・。 着替えを頼める選手もいない・・・。

・・・人は一人では生きられない・・・。  リアルに感じる・・・。

意を決し、人の声が少ないときを見計らい、猛ダッシュ。 おそらくそうとう速かったに違いない。

風を感じた。 当然ももや股間やお尻も冷たい風を感じた。

そして、早朝サービスエリアで猛ダッシュをする男は、逆に目立った・・・。

審判着に履き替え岩手に向かう。 車内の異臭に耐え切れず次のサービスエリアで汚れた短パンを洗う。

清掃のおばちゃんに話しかけられる。 『 洗濯かい、旅してるの?』  

・・・『 ええ、 ぶらり~・・ひとり旅・・・ 』  

ダッシュボードの上に干しながら、岩手に向かう。

先発や戦術・作戦をあれやこれやと考えていた・・・  高速出口を通り越す・・・。

次のインターまで30分、戻って一時間をロス・・・。  

何やってんだ・・・おれ・・・。  なんなんだいったい今日は・・・。

これだけの アンラッキー・・・  ん? おいおい、まさかの今日は、サプライズ!!!!!?

『 今日はひとつだけ、 みんな周りが見えないし、状況判断も乏しいから、 いい声!!  それだけ!! 』

先の新人戦にて、東六クラブさんにはやられております。  前日の敗戦にて我がチーム背水の陣。

勝つしか予選リーグ突破望み絶たれたし。  且つ、単に短パン汚しに来たのかと。

いい声! これだけで十分チームは変わる。  よくしゃべれるチームはやはり強い。
 
声は士気が上がるだけではなく、たくさんの判断も促され、落ち着いてプレーすることができる。

この日、選手の表情には背水の陣に気負った感じはなく、どこからともなく声が出ていた。

楽しんでいる気持ちがベンチにいる私にも伝わり、高揚した私からの指示もいい声が出た。 

選手は私を映す鏡のようだ。 いっしょに戦える。 すごく心地が良かった。

この日の先発はひとつのサプライズがあった。 中学3年生ショータの公式戦スタメンデビュー。

課題だった緊張や遠慮から声が出ないといった課題も克服。 

いい雰囲気に誰よりも先に馴染み、のびのびとプレーする。  

立ち上がりからどの場面にもボールに絡み、むしろピッチ上22人のゲームメイカーになっていた。

萎縮せずに堂々とボールに向かう姿勢に、力強さも付いてきたようだ。 

この采配は功を奏したようだ。 ショータを援護しようと皆の身体が良く動けていた。

前日のアズーリ戦の激戦の疲労もなんのその。 誰かを助けようとするときの力は自らの100%を超える。

活性効果を生み出したショータはチャンスを再三演出。 

疲れを見せないどころか、しっかり抑えるディフェンス陣の踏ん張りもあり、0-0で折り返した後半。

繰り返すサイド攻撃から何度も得ているコーナーキック。 そろそろ決めたい。

後ろから高い選手を入らせる。  キッカーが合わせたのは!!!!

ニア、164cmの澤村が飛んだ!!  貴重な1点を捥ぎ取った!!!!  

昨日の教訓を活かし、選手たちはいっそう声を上げ足を動かす!!  怯むな!!

中学3年生を2人を含む4人の交代枠を全て使い切り、全力で勝ちに行く!!

あとは、祈るのみ・・・ ( パンツ汚してもいい、高速代掛かってもいいや、うんこ踏んだってかまいやしねぇよ!
この子らに降り掛かる全てのアンラッキーは全ておれが受けてやっから! 息子たちに幸あるならば! 勝たせてやってくれ! 神さま! サッカーの神様!! )

試合終了の笛は、彼らの長くつらいトンネルの終わりを告げた・・・。 

眩しく照らす日の光が、彼らをあの頃のように輝かせた・・・。  たかが予選の一試合・・・。

されど、我われには意味のある試合でした。 単に勝利するだけのものではなく。 

それは小さな一歩でしかないかもしれないが・・・  我われの成長を意味し、そして報われたのでした。

なんとか望みは繋いだ!!  気持ちを切り替えて!!  たかが一試合の一勝にいつまでも浸るな!!

前に進め!!  次の目標を立てろ!!  週末はTATEOKA戦!!  乞うご期待!! 

Published on 2011.06.17 at 12:46 by Sendai FC Staff

関連記事

  • スタッフブログ 2012.06.08

    栄養源

    母『あ~やっぱり盗まれたぁ~ちきしょう!』 父『まさか65歳のババァのだとは思わねぇべな・・・』 母『ピンクのかわいいやつでお気に入りだったのに!!』 父『ベランダから顔出されねぇな。顔見たらガッカリ…

  • スタッフブログ 2009.04.01

    矛盾

    時間空けてしまいました。 少なからず このブログを楽しみにしている方がいるとか いないとか。 おととい関東遠征から帰ってきました。 万事 無事に終えることには至らず ユース、ジュニアユースともに 怪我…