不公平という現実

久々です。  すんません。

唐突ですが、 私は審判が下手なんです。

練習試合や遠征など 勿論 主審などは互いのスタッフで行います。

何年か前の話になりますが、遠征先の練習試合の際に、相手のコーチの方が主審をされていた時のことです。

仙台FCの選手がファールをしてしまいました。 無論故意的ではありません。

その選手の性格は私がよく知っておりますので。 球際に一生懸命アプローチした時に起こしたファールでした。

『 悪質だよ、試合近いのに怪我したらどうしてくれるんだ! 』 

相手のコーチに厳しい注意を受けました。 

彼はその言葉に意気消沈、アプローチにも行けないばかりかボールが来てもパスするのみ。

結局最後まで彼のプレーは生き返ることなく、不完全燃焼。

私は彼の性格を知っているが、擁護はできない。 故意じゃなかろうがファールには変わりはない。

その言葉でプレーができなくなるようでは、そもそも弱いのだ、戦えないのだ。

とはいえ、相手コーチの言葉も自らの選手を擁護しているとも取れる発言ではあるかと・・・。

私も選手がかわいい。 とても大切です。 怪我もして欲しくない。 痛みもストレスもよく分かるから。

本音は、そのコーチとは何ら変わりはない。 しかし本質を考えたらまた違う答えになる。

サッカーはそもそも激しい。 一個のボールを取り合うのだ。 勝ち負け優劣の白黒を決めるのだ。

必死になって当たり前なのだ。 余裕などない。 

むしろ、いつ何時も奪われる、激しいチャージやファールを受ける危機や覚悟を持ってグランドに立つべきだ。

もしくは、故意的ではなくともファールはファールであって、常に紙一重の技の切磋が問われるのです。

考え方は様々です。 審判もコーチも人です。 見方も様々で誤差もあります。 

人によってさじ加減が違うのは当然ですし、そもそも審判は味方でもなければ、平等でもありません。

だからといって戦う相手でもありません。 時々笛が鳴るだけのこと。

審判の存在に頼ってはいけない。 時々笛が鳴るだけのこと。

誤審かもしれない。 しかし戦う相手は別にある。

敵は己にあり。 相手や審判のジャッジに打ち勝つのも己の胆力や技。 

常に我を見失わずに、日頃の成果を限られた試合時間の中で、精一杯戦い貫くこと。

相手や言葉や雰囲気に惑わされずに、自らの挑戦の機会を、虎視眈々と狙うこと。 

それがたとえ、試合時間の中のほんの一瞬の機会であれ、ストレスに打ち勝ち我慢できること。

私は審判が下手だ。 よっぽど悪質じゃないかぎり試合を止めたりはしない。

子供達が弱くなるから。 演技というチープな技はおぼえてほしくない。

いちいち審判に意義を唱え、自分の力の無さをまざまざと広言吐く弱き者になってほしくはない。

いつでも誰かに頼ろうとする視線を身に付けてほしくはない。

世の中は、がんばった者に真っ直ぐに反映してくれるような、フェアな世界ではない。

むしろ、ミスジャッジや事故、過失、ひどい時は故意的なこともまかり通るようなアンフェアが世界だ。

私が今できること。  君達をかばうことではない。

今から準備させておくことです。  社会というあまりに漠然とした形の見えないものに。

正しく打ち勝つ、強い己を持って。  世の中を戦っていく選手を育たせるために。

私は公平な審判などできません。

現実は常に不公平で、それは別段おかしいことではなく、むしろその現実に向き合う強さが必要だから。

追伸。選手へ

この間はよく耐えたな。 おれが審判だから言えるわけねぇか。(笑)

おれもどれがファールでどこまでとっていいか分からなかった。 審判下手だから。(笑)

相手選手にグダグダ言われて、もう切れちゃおうかなぁって思ったけど。(笑)

現実から逃げず、黙々と戦うおまえらの顔を見てたら、おれも我慢できた。

きっとおまえらなら負けない、きっとおれの分までやり返してくれるなって思ったら、我慢できた。

やり返すっていうのもどうかな。(笑) それに、そもそもおれの戦いじゃないしね。

相手選手を含めた未来の担い手になる子供達の強さになると考えたら、私の小さなプライドなど関係ない。

素晴らしい試合でした。 たかが練習試合!感動しました。 君達の成長を体感しました。ビリビリと・・・。

君達が私の子供達で本当に良かった。(泣)・・・ははは。

Published on 2010.10.05 at 14:18 by Sendai FC Staff

関連記事

  • スタッフブログ 2009.02.19

    盟友ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

    今週末、ジュニアユースは大ハードなスケジュールです 土曜日は秋田からエスポルチ雄和がいらして、ACアズーリと3チームで練習試合です 日曜日は午前中が太白区トレ選と練習試合午後は南から北に移動しまして泉…

  • アスリートフードコラム 2014.06.10

    食べるということは、体をつくるということ

    ジュニア世代に限らず、アスリートに限らず、人間は食べたものだけで身体がつくられています。そんなあたりまえのコト、いまさら・・・なんですが(笑) よくこんな話を聞きます。「とにかく疲れやすいんです。練習…