理想と現実

南アフリカからやっと帰ってきました・・・。  ってことにしてください。

さっそくですが更新です。  言い訳四の五の語って謝罪文より、時間と中味が大切ですからね。

久々の更新は  『 日本サッカー 』 。   

かなり大きいテーマなのでまとまってはいませんが・・・。 

今回 岡田監督が戦った最大の 『 敵 』 というべきか 『 壁 』 というべきものなのか・・・、

それは 『 理想 と 現実 』 。  そこに悩む時間を費やしてしまったことが敗因だ。

岡田監督が既に気付いていたであろう 『 現実 』 に早く着手していれば、ベスト8までは行けたのでは。

むしろそのベスト4やらベスト8を阻んだひとつの要因?原因?は、我々やメディアの無知な 『 理想 』である。

これからの日本サッカーの未来を考え 『 理想 』 でもって戦い、 予選敗退するべきなのか・・・、

それとも 『 理想 』 や未来を棄て、 今あるべき姿で 『 現実 』 を晒し戦うべきか・・・。

更に岡田監督の決断を鈍らせたのは、現在日本サッカーがジュニア世代にまで浸透させようと取り組んでいる、

それこそ 『 理想 』 である。  

日本の2010ワールドカップの戦いは、『 理想 』 と向き合う時間の浪費により出遅れたのだ。

上手く行き過ぎたアジアでの戦い方も、現場(代表チーム)を盲目にしたひとつの要因でもある。

『 理想 』 に近づこうとする現場は 今ある現実に目をつぶった形で遂行せざるを得なかった。

さかのぼると 『 日本人サッカー選手 』 を見間違えた歴代の日本代表外国人監督の見解にもある。

もっといえば 外国人監督の 『 日本人 』 に対する認識、見当違いが始まりともいえる。

そもそも日本人が日本人らしさを知らない事が当然一番の原因になりうる。

失われたアイデンティティと 近年『 ラストサムライ 』という外国映画によって返還されたアイデンティティ。

組織で動く日本人という分析や、不得意とするフィジカルコンタクトの弱さから、

長所にするしかなかったパスワーク。

真似が上手で器用な日本人という認識から、高い技術と評価された、

国際舞台では全く通用しない弱いテクニック。

マラソンなどの持久力を競う得意分野から、向きであろうと見解されたフィジカル(体力面)でさえ、

サッカーにおけるゲーム体力というものではワールドカップ出場国の中でワースト3内に入るのだ。

何をとって日本サッカーなのか・・・。  

岡田監督は身を挺して投げ掛けたのだ、我々未来を紡ぐ日本サッカーの担い手達に・・・。

これが 『 現実 』 なのだ!!!!!    と・・・。

2010 ワールドカップは これまでの日本サッカーをリセットしたに過ぎないのだ。

これから始まるのです。 

押し付けられた考え方や 固執した日本サッカーを変えるのではなく、

ゼロから始めるんです、  君達選手が  日本サッカーの魁になればいいんです。

『 新しい理想 』 と 『 日々進化させる現実 』  を 君達から始めるんです。

* 日本サッカーに対し、多大なる尽力を注いで頂いた歴代の外国人監督に非難や中傷を目的とした

  内容ではないことと、誤解のないようご理解頂きたくお願い申し上げます。

Published on 2010.07.07 at 10:36 by Sendai FC Staff

関連記事

  • スタッフブログ 2013.04.16

    仙台FCユース澤村智志が参加

    名古屋経済大学サッカー部のトレーニングマッチに、仙台FCユース澤村智志が参加させて頂きました。名古屋経済大学サッカー部阿部敏之監督、白井博幸コーチ、名経大サッカーを応援しよう!…

  • クラブニュース 2017.09.11

    2017 高円宮杯全日本ユースU-15サッカー選手権 宮城県予選

    2017 高円宮杯全日本ユースU-15サッカー選手権 宮城県予選の日程が決定しましたので、お知らせいたします。 トーナメント表はこちら…