人生をやり直す

『 なんでおれやめたんだろ・・・。 やめなければよかったぁ・・・。 』

先日の練習の帰り、送迎の車の中で彼は口にした。

彼は現在、19歳。 仙台FCユースの選手だった。 しかし高校1年で退団してしまった。

高校も休みがちになり、ついには高校までも中退してしまったのだ。

若者特有の思春期・成長期など、人生への考え方・他人との価値観の違い。

彼自身にいろんな考える要素があり、生活の中で発散・消化できなくなってしまったのだろう。

倦怠感、無気力、他人とのコミュニケーションの遮断。

彼自身も自分がわからなくなってしまった。 制御、コントロール不能に陥ってしまった。

彼は何度か練習に来てみては、また音信不通。 そんな事を繰り返した。 何度も・・・。

足掻いては、掴みかけ。 見付けては、諦めて。 開いては、また伏せる。

自分でも自分が嫌になるほど、自分を見つめて来たのだろう。

同級生も卒業し、後輩達と練習をしていたある日、

『 大学に行こうと思います・・・。  もう一度、サッカーがしたくなりました。 』

『 もうこんな生活嫌なんです。 こんな自分が嫌なんです。 本気でがんばります。  』

練習にも度々来るようになり、眼差しがはっきりと変わったのが私にも伝わった。

彼は大検を受け合格。 今年の受験に挑んだ。

先日、報告に来た彼からの言葉は、なんと・・・。

『 法政大学に 合格しました。 』

うれしかった。 私は本当にうれしかった。

『 大学に受かっても、サッカー部に入るにはセレクションがあります。 』

『 練習させてください。 お願いします。』

『 厳しいよ。 でもやるしかないよな。 』  私は答えた。

結果ではない。 まして挑戦しない者に結果などもない。

やるしかないのだ。 またあの無気力な人生に戻ってはいけないのだ。

生きたければ、死ぬ気でやるしかないのだ。

結果を怖がるな。 恐れを為したとき、人は足を止め、また人生の扉は閉じられてしまう。

がんばるしか道はないのです。

勇気の継続。 一番難しいことです。

しかし、乗り越えたとき、見える景色はすばらしい。 その快感がまた人をがんばらせる。

人生はやり直せる。 何度でも。 あなたが望む限り、あなたが挑む限り。

あなたの夢は終わらない。

Published on 2010.02.18 at 14:49 by Sendai FC Staff

関連記事

  • スタッフブログ 2009.03.24

    最愛の人

    とある お話 彼女は患っているらしい リンパ腫 幸いにして早期発見だったらしいのですが・・・ 彼女とは離れた土地で暮らしている 10年はたったでしょうか 彼は彼女から 病のことは聞かされていない 彼女…

  • スタッフブログ 2010.02.16

    終わらない夢

    彼は現在19歳。 仙台FCユースの昨年の卒業生。 現在は県内の大学にかよっている。 昨年、ユース当時の彼の夢はプロサッカー選手だった。 ・・・だった・・・。 全国出場を目指し、全国で活躍することを目標…