宝物

たくさんの小さな手が 雨上がりの空に向け  私を宙に舞わせた。

秋田県 男鹿。 小さな町の小さな大会。  しかしそれは立派な大会。

私の後輩達が指導者として、男鹿市を拠点にがんばっているチーム  グロースFC。

カテゴリーはジュニアとジュニアユース。

子供達のサッカーを通じた交流と育成を・・・ そして文化の伝達。

指導者のみならず、グロースFCに係わるたくさんの関係者、たくさんの保護者の方達の懸命な手作りが伝わる、

非常に温かい大会でした。  選手、保護者、サポーター、指導者、そして市が一つになってがんばっていること、

それは小さくても立派な大会です。 

感謝と そして益々の発展を期待しております。 ありがとうございました。

前回のブログにも書きましたが 中学3年生はお世話になった秋田へ最後の合宿。

去年はテント、今年はコテージ。 テントを経験したせいかコテージに大喜び。

上を見れば限がないが、下を経験すれば全ては贅沢にすら感じられるようになるものです。

『 今年はフトンあるぞ !! 』  っと 普通に聞いたら不思議な発言ですが、去年はフトンはない。

しかしフトンすら20人に対し、8組しかないのです。 

『 おれ敷布団っ!! 』  『 じゃっ 俺掛け布団!! 』

『 何掛けるの? 』  『 シーツじゃねぇ 』

不思議な会話ですが 彼らにとっては普通である。

私も毛布を敷いて寝た・・・。 枕はバッグで掛けたのはシーツ。ちょっと贅沢だ。

たくましくなった。 彼らならどんな状況でも生きて行けると思えました。

最後を感じているのか 夜にはいつになく せまいコテージに集まり夜中まで話をした。

昔話で盛り上がりました。 『 おれ おまえのこと超嫌いだった 』  『 えっ 全然わかんなかった・・・』

『 あん時超おこられたよな 』 『 おまえのせいじゃん 』 『 タイミング悪かったぁ 』

彼女の話から元彼女のセンスなど ジャンルを問わず暴露大会のような・・・。

淳平監督はタメ口に ハゲネタと ほとんど友達だったような・・・。 むしろそれ以下のような・・・。

試合は順調に勝ちあがり、初の決勝戦進出を果たしました。

前夜はホルモンパーティーをしながら大盛り上がり。 

いつもなら明日に備えるべく準備をしろと呈するところですが、最後の夏、大人への成長の夏、

今日はとことん夜を楽しもうとばかりに遊んだ。

その日は決勝進出を決めた試合後 水族館へ。 

そして岩場で遊んでビショビショになったり、 一人の選手が波にさらわれ救出したり、

あげくに水族館の職員に私を含めお咎めを喰らったりと、 寝付けない話題がたくさんあった。

実のところ 私が彼らとの思い出をほしかったのです。 最後の思い出を。

寝不足で明日の優勝を逃してもほしかった・・・ その夜の彼らとの思い出を。

『 代表これ・・・ 』 選手から 水族館でとったプリクラを貰った。 

すごく うれしかった。 涙がこぼれそうだった。 自分が彼らの仲間に認めてもらえたようで。

うれしかった。 どこまでも付いて行きたいと思った。

決勝戦。  スタンドもある立派なスタジアム。  私はこの大会のほとんどをベンチ外で観戦した。

決勝戦もスタンドからの観戦でした。

私の周りは対戦チームの関係者や、地元の方達が観戦していた。

『 こえがだ うまぐねども したげがんばるらしやぁ 』
( こいつらは うまくはないけれども すごくがんばるらしいよ )

見事な秋田弁での解説者がたくさんおりました。

先制点は 開始早々に相手チームに奪われてしまった。

しかし彼らはいつになくたくましく見え、 きっと応えてくれるはずだと安心して見ていられた。

『 こえがだ みなはえねが!!  体もつえし  なにせばこたにならんだ!!! 』 
( こいつら 皆早いじゃないか!! 体も強いし  何をすればこんな風になるんだ!!!)

『 球にみなしていぐねが  どごまでもぼっかげるねが  足とめでらやづいねもの 』
( ボールに皆が反応しているし どこまでも追いかけるじゃないか。 足を止めている選手がいないね )

『 こんたに走ってこえぐねんだが?  あだにあだっていでぐねのが? 』
( こんなに走って疲れないのか?  あんなに強く当たって痛くないのか? )

『 球が足につでるんでねな  足が球さつでいってらんだ 』
( ボールが足に着いているんじゃなくて  ボールの速さに足が着いて行っているんだ )

『 こえがだ つえ  サイボーグだが 』
( こいつらは強いよ   まるでサイボーグか )

『 だえひとり球さあぎらめね   獰猛な獣だ 』
( 誰一人としてボールをあきらめない   獰猛な獣だ )

最大の賛美です。  彼らのサッカーが見ている人に伝わることに 私はうれしくてふるえた。

そして 3点を返し 優勝。

表彰式で手渡されたカップを囲んで写真を撮った。

『  もう1枚お願いします!    代表真ん中で写真撮りたいんで!!   』

選手たちが言った。

私が 恥ずかしげに真ん中に座ろうとしたその時。

『  せーのっ!!!!!! 』

Published on 2009.07.22 at 15:29 by Sendai FC Staff

関連記事

  • スタッフブログ 2010.03.19

    たったひとつの宝物

    間もなくその日を迎えます。 別に一生の別れでも何でもないんだけどね。 3月20日。 ジュニアユース、ユース 2009年度卒団式。 まぁ 卒業式も終えた後だからね。 選手はそんな感傷に浸ることもないかな…

  • スタッフブログ 2009.07.08

    心の栄養

    夏が来ます。 去年はたくさんの思い出を作ることができました。 悲しい事に 私には中学の夏の思い出がほとんどありません。 部活だったこともあって 合宿、遠征もなく 練習試合もごく数回でした。 サッカー以…