Get the GLORY

現在の中学3年生、 彼らが仙台FCに入団し 最初の遠征は 秋田。

最初と言わず ことあるごとに 秋田。

何かにつけ 秋田。  一番きつかった合宿は? と聞くと  秋田。

秋田はもう飽きた・・・。  という低俗なシャレさえ聞き飽きた  秋田。

もう最後です。 今週18・19・20日のGrow up Challenge Cup 秋田県男鹿。

この大会が 秋田への最後の遠征になるかと思います。

3位入賞 昨年のこの大会での成績。  

この大会が最初の3位以内入賞であり、 現在も未だこれ以上の成績がないのもさみしい事ですが、

この大会での活躍と自信を機に、 ジュニアユースの選手達は目覚しい成長を遂げた。

秋田遠征・・・   思い起こせば 0-11、1-10、いつも 二桁スコア。 連戦連敗。

どこの対戦チームも 1年生から3年生まで40人から60人はいるチームばかりと、

こちらは2年生がひとりに 一年生が20人。

A戦からB戦C戦までを すべてこなしてきた。 多い時には 8本や10本も。

相手チームに 『 うちは人数が多いからいいですけど 大丈夫ですか? 』 と聞かれたこともあった。

いつも負けてはおこられ 負けては走らされ 負けては泣いて・・・。

かっこいいくらい ボロボロになって戦っていました。 どんな大差になってもあきらめなかった。

足が動かなくなっても 気持ちがあきらめることは 決してなかった。

間もなく終わりを告げ、全て話す時がやってくるだろうから、 ひとつだけカミングアウト。

何点取られても戦う 君達を見て、 ひとまわりも違う相手にもかかって行く 君達を見て、

ボロボロになっても戦う 君達を見て、  レフリーをしながら泣いてしまったスタッフがいましたよ。

涙があふれて 全てが滲んで見えたそうです。

朝から日が沈むまで  ボロボロになるまで走る君達。 焼けて赤くなった顔に滲む汗。

射しこむ夕日に照らされた 君たちの赤い顔は オレンジ色に映しだされ、

涙で滲んだ目には 君たちが輝いて見えました。

そうです・・・。

涙声になるのを抑え 『 まだできるだろっ!! がんばれ!!! 』

『 もう終わりかっ!!?  がんばれねえのかっ!!!? 』

言うものの・・・  君たちがまぶしくて 何も見えちゃいなかったそうですよ・・・。

思い出の秋田。  忘れたくても忘れられない秋田。

最後の秋田です。

まぶしく輝く君たちを見たい。  優勝に輝く君たちを見たい。

長い努力の先にあった 栄光に輝く君たちを 見たい・・・。

Published on 2009.07.15 at 14:31 by Sendai FC Staff

関連記事

  • スタッフブログ 2009.02.19

    盟友ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

    今週末、ジュニアユースは大ハードなスケジュールです 土曜日は秋田からエスポルチ雄和がいらして、ACアズーリと3チームで練習試合です 日曜日は午前中が太白区トレ選と練習試合午後は南から北に移動しまして泉…

  • スタッフブログ 2011.03.17

    今だからこそ!!

    無事です。電気は点きました。贅沢は言いません。 毎日テレビで見ているもっともっと大変な地域に比べたら・・・。 友人の安否の連絡が今もっとも幸せを感じます。 仙台FC選手全ての無事が確認できた時、感動の…