ユースは クラブユース選手権の後 1週間の休養をとり、

先週日曜に久々に集まり 練習試合をしました。 

練習試合の後 それぞれに進路のことなど これからについて話を聞きました。 

全国大会出場以外は どこの高校でも どんな部活でも 高校3年生はこの時期に引退します。

仙台FCユースも八割が 進学の希望。 受験というまた別の戦いを迎える。

進学希望と同時に学費のためにアルバイトを考えている者。

親の家業の手伝いをしなければいけない者。

勉強時間を増やさなければいけない者。

サッカーでの進路を希望するために 更に練習しなければいけない者。

それぞれの道や 夢は 様々です。

『 すいません。 練習に来れなくなるので引退を考えています。 』

という選手も何人かいました。

先日のブログでも書きましたが 『 夢 』 や 『 思い出 』 は 

進路に対して見れば 非現実的なのものでしかないのかもしれません。

私の人生でない以上 選手たちに 強要はできない。

それぞれの人生という道に 進路妨害する事も 私の夢にも付き合わせることも無理強いはできない。

『 思い出 』 とは 私だけが思うエゴでしか ないのかもしれない。

私は待つことしかできないので 『 もう一度 全国という夢を目指そう 』 と伝えた。

さかのぼること 一年前。 去年の三年生はタレントもそろっていて まさに全国を狙うチームでした。

それだけに 全国出場ができなかった落胆は大きく ほとんどが引退。

その時の2年生 現3年生は 先輩達と比較し、レベルの差を自分達が感じていました。

全国なんて・・・  先輩達で行けなかったのに・・・

むしろ私はその劣等感をパワーに変えたかった。

先輩達がいた時から 必要以上に比較した。  何かにつけて先輩達と競わせた。

負ける度に 厳しく叱り ペナルティを与え しごいてきた。

全体的に練習の身が入っていないときも 2年生だけを厳しく指摘し 走らせたりもした。

連帯性と言わんばかりに 2年生全員を走らせた。

『 下手なら下手なりに !! 』 『 バカならバカなりに !! 』 と罵ったことも幾度とあった。

休みがちになった選手もいた。 リタイヤした選手もいた。

彼らはひとりひとりが弱かった、でも強くなれるものがあることを伝えたかった。

誰しもひとりは怖いもの。 仲間とだったら越えられる強さが生まれる。

助け合っているうちに 自分のことだけではなく、 常に仲間を助けなければいけないという 

持っている力以上の力を発揮することが当たり前になってくる。 

犠牲心がベースになり チームスポーツの柱になる助け合いが、ごく当たり前になるのです。

私は 『 お前達で全国を狙うんだ!!! 』 『 全国で何かをする為に 全国に出るんだ!!!』

彼らの一年間は厳しかった。 

この大会が始まる前 ある選手がポツリと言った。

『 実はあの頃 全国なんて無理だと思ってたから 最後の一年は楽しくできれば別にいいや

  と思ってたんですけど・・・   』

『 今は 俺たちでも行けるんだ。  むしろ全国に出るんだって思ってます。 』

『 こんなチームになることも  自分がこんな自信を持てるようになることも  想像してませんでした 』

  
春には ある選手が 練習後 悔し泣きをしていた。

『 おれは 本気であいつらと全国に行きたいんです。 でもどこかで無理だと思っているのが

  伝わってくるから。 ひとりで力んじゃって 空回りして 悔しくて・・・』

彼らには 十分伝わっていました。  彼らを強くしたもの。  それは 『 絆 』 です。

 
今週火曜日に それぞれが答えを持って 練習に来ました。

引退を考えていた選手が私に言いました

『 やっぱ 最後までみんなとがんばります。  途中で逃げたことを後悔して戻ってきたんだから

  また後悔したくないんで・・・  がんばります!! 』

素敵な笑顔でした。

みんなが出した答えは 『 最後まで完走 』 !!!!

当然 目指すは 全国です!!!

勉強 就職活動 バイト そしてそれぞれの道は離れることとなるでしょう。

だからこそ 一日でも 一分でも長く 一緒に入れる時間を・・・・。

  
奇跡的に出会えた最高の仲間との喜びを 強い絆を 最後まで精一杯感じていこう。 

Published on 2009.07.09 at 15:33 by Sendai FC Staff

関連記事

  • スタッフブログ 2011.04.06

    私を勇気づけるもの

    間もなく、あの日から1ヶ月。 何かの為に、誰かの為に、・・・と、やれることをやってきたつもりです。 選手達にもたくさん手伝ってもらいボランティアにも参加しました。 私ひとりでは何もできなかった・・・。…

  • スタッフブログ 2009.04.15

    愛してるの響き

    いつもどおりの活気ある練習でした 大会が近いこともあって 気を引き締めるために だいぶ 『喝』 も入れました 厳しい空気のまま今日は終わろうと 決めてました 挨拶をして締めようとしたそのとき・・・ は…