?????

ここ最近 時の経つのを早く感じてしまいます。  一日があっという間。

ボーっとしているわけではないのですが、ふと気づくとその日を迎えてしまうのです。

かといって抜け目はありません。 準備はオッケーです。 

自信もあります。 新人大会での反省点も改善済みです。 

いよいよ 初戦です。 東北クラブユースU-18サッカー選手権大会。

どんなにキャリアのある選手でも緊張すると思います。

ひとつアドバイス。  ミスできない!!!っと 思わないでください。

ミスのない選手は そうそう いないものです。 サッカーにミスはつきもの。

悪い意味ではなく、味方のプレーを信じないで下さい。

そもそもディフェンスのカバーや攻撃のサポート、セカンドの意識やシュートのこぼれ玉など、

もしかしたら!?!? という 『?かもしれない』 ことだらけがサッカーです。

当然相手にもミスがあるわけで そこに狙いを持つことも大切。

ミスして結構!!  ミスがあると準備していれば むしろ予測を立て 初動は早くなるもの。

ミスはカバーするものです。 

例えば、味方に狙いをつけない苦し紛れのミスクリアーボール。

周りを見えない苦しい状況を察して、味方がクリアーボールを予測する。

繋がればそれは立派なパスになり、それによりミスがミスではなくなるのです。

ミスを相手に感じさせないチームワークや連携は、相手を追い込む立派な戦術。

味方を信じないことがチームワーク???矛盾に聞こえてしまうようですが、

味方は君のプレーを信じてないから、きっと補ってくれます。

だから味方のカバーを信じて 思いっきって自信のあるプレーをしよう。

ん? 信じないけど 信じるの??

言葉は表裏一体! 攻守も表裏一体! ミスと成功は紙一重の差!

失敗を恐れず、悔いのないように、お互いを信じていない仲間に助けられ、

仲間を信じて自信を持ったミスをし、勝利を目指してがんばること。

デコボコで 不器用・不細工だけど これが 仙台FC的チームワークです。 

勝つぞ  !!!

Published on 2009.05.14 at 15:45 by Sendai FC Staff

関連記事

  • スタッフブログ 2009.02.28

    γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ風向きが変わってきました

    スタッフの熱心な視察、スカウトもあって、入団希望、説明希望少年団などの連絡が来ております 選手もたくさん声を掛けてくれているようで、後一息といったところです あきらめない 仙台FCの粘り強さは、半端で…

  • スタッフブログ 2013.06.06

    グランド整備

    グランド整備!芝の種を蒔きました。やらないとわからないことがあった。ピッチ条件は勝敗を分けることがある。確かに整えられたピッチはモチベーションが上がるし、ありがたいものです。ただ、力もないくせにピッチ…