みんなの痛み

せつないです。  どうにもならないことが有ります。

できることならば代わってあげたい。 

これが人生の終わりではありませんが、 彼にとっては、

今を生きる彼にとっては、サッカーを喜びに、この大会を目標に

がんばってきました。

大会出場は物理的に不可能でしょう。
 
骨折です。

世界のサッカーにおいても、ワールドカップ直前のケガによるリタイヤや、

各スポーツにおいても、絶望的なケガによりオリンピック出場を断念するなど、

スポーツ選手は常に死と背中合わせ。

ケガの程度が死に値するのではなく、目標が断たれたことによる死。

大袈裟な表現かもしれませんが、それはプロ、アマ問わず、

夢や目標を持つ 志の高い人には 同じことが言えます。

彼にとってもそれは一緒なのです。

ワールドカップでも オリンピックでもありません。

しかし彼の人生においてはそれ以上なのです。

いつも明るく、ユーモアを忘れない彼。

さぞ苦しい思いをしていることでしょう。

彼の現状を、自分に置き換えて考えることは、非常に難しいこと。

生半可な言葉は反って落込んでしまうもの。

かといって彼が1人で乗り越えていくのも酷なことです。

だから  真を持って接すべし。  親友ではなく、真友であればよいのです。

彼のケガを癒す最高の治療は、高度な医療ではなく、

君達だから 仲間だから 最高のチームワークを持つ仙台FCだからこそ。

一日でも早く、また彼とみんなが 同じグランドに立つことを

一日でも長く、みんなが一緒にいられることを

りょうと  決して あきらめるなよ

Published on 2009.04.30 at 15:47 by Sendai FC Staff

関連記事

  • スタッフブログ 2009.06.05

    総力戦!!!!!

    迷いがないわけではありません。 どれをとって 『 良い 』 というわけでもありません。 しかし 決断しないわけにはいかないことです。 実は ・・・ 今まででが奇跡的に かぶらなかっただけのこと。 現在…

  • スタッフブログ 2009.02.20

    作戦。。。(o^-‘)b

    雪です 今日はグランドも使用不可室内練習場もタッチの差で空きなし サッカーしか趣味のないボスにとってはこのうえない苦痛のようです 選手達はどうお過ごしなのでしょうか ゲームかな DVD 音楽鑑賞 ユー…