誰のせい?

先日書いた 『好発進』 読み返してみました。

今週一週間を振り返り  反省です。  

私自身にも その気持ちがあったのか・・・。 

どこかに慢心した気持ちがあって この結果なのではないかと。

そうです   負けたのです、  首を獲られました。

新人戦で4-1で勝った コバルトーレ女川  

当然相手はリベンジを誓い この日を待ちわびたことでしょう。

その気持ちがこちらのベンチに 伝わってきました。

気迫が玉際の強さへと向かい ことごとくルーズボールはコバルトーレへ。

気持ちで奪ったそのボールを、素早く縦へとつなぐカウンターが

再三 仙台FC陣地へ直撃。  

対する仙台FCは しっかりボールを運ぼうとすればするほど 

受け手を見すぎたうえに パスするまでが遅くなり 

止まっている味方の足元へとボールが入る。

そこに狙いをつけたコバルトーレにボールを奪われる。

また、足元に入った後の 判断や仕掛けの遅いドリブルは

いつものスピードもまったく感じられず むしろ相手に守備に戻る時間を与え

カバーリングの整ったところでボールを奪われる。

前掛かりの人数をかけたうえに ボールポゼッションの出来ないどん詰まりの攻撃は

しっかりと引いて守る相手の思う壺 そして手薄になった自陣にカウンターを喰らう。

スタッフ陣が常ミーティングの際に恐れていた展開になってしまいました。

それは同じ狙いを持っている相手と対じた時です。

『縦への速さ』     昨年の新人大会順位決定戦、仙台FC対FC宮城を

今日のコバルトーレスタッフは観戦しており 

仙台FCの戦い方に賞賛していただいたのです。

上位を喰らう戦い方。

しっかり守って、人数・手数を掛けずにシンプルに素早く攻撃する。

勘違い、錯覚を起こしたのです、先日の6得点が。

仙台FCは、攻撃力があるわけではなく、守備力、ボール奪取力があり

攻撃の連携やパスワークでもなく、ボールを奪う連動性や執着心が長けている事。

この一体感がゴールへと向かったとき はじめて爆発的な攻撃力になるのです。

そこは近年評される、ボールポゼッションの高さや ファンタジスタ、

インテリジェンス、セクシーフットボール、テクニカルなど まったく無縁。

ただし  『強さ』 という たくましさがあります。

敗北は 最大の恐怖です。 しかし敗戦を受け入れないことは 更なる成長を止め、

勝機や進歩の活路を閉ざしてしまうものである。

大きな進化を遂げるための敗戦であったとするために しっかり受け止めてほしい。

負けたのです。それも技術やレベルの差や戦術でもないところ。

さらにその上にある 勝負に負けたのです。 

その勝負強さこそが仙台FCの良さでもあり、目指すところ。

腑に落ちない敗戦です。攻撃している時間も長く、失点がオウンゴールに自陣でのミス。

チャンスもあるのに決めきれない焦り。ジャッジや相手の小さいにファールに苛立ち。

自分のプレーができず 納得がいかないでしょう。

終いには自分のせいで負けたのではないと 認めたくないがために 味方への擦り合い。

各ポジションへの不満。

チームとは選手です。  仙台FCはあなた自身です。 

仙台FCの敗北は あなたが負けたことなのです。

そして私の敗北です。

私は受け止めたことで また進歩を見付けました。

コバルトーレに敬意を  次に対戦したときは負けません。

そして決意を新たに   ベガルタ戦  絶対負けません。

選手達へ

今日は勝たせてやれず すまない

まだまだオレも未熟です

負けると悔しくて悔しくて

オレも負けると人のせいや戦術や、いろんな言い訳捜しちゃうんだ

でもそうじゃないよな

あきらめねぇぞ  転んでもただじゃ起きねぇぞ

また一緒に 勝利を目指そう  

あっ  オレの事は信じるな

仲間は信じてやれ

いや 練習の時 信じるなって言ったな

まぁ どっちでもいいか

明日からまた がんばろうぜ  仙台FC

Published on 2009.04.25 at 15:48 by Sendai FC Staff

関連記事

  • スタッフブログ 2009.02.25

    試験官のせいだからね・°・(ノД`)・°・

    気が早いかもしれませんが、待ち遠しいです 高速料金安くならないかなぁ 遠征に行きたいなぁ 選手の大好きな合宿もしたいなぁ ということで、ボスはバスの取得に向け、免許センターへ通いづめ どっこまででも行…

  • スタッフブログ 2009.06.08

    悔しさは・・・

    6月6日 その日を 迎えました。 ユースは福島県 Jビレッジにて クラブユース決勝ラウンドリーグ ベガルタユースとの一戦。 ジュニアユースは 宮城県白石にて 東北大会をかけた FC宮城との一戦。 私の…