タイムスリップ(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)

土曜日、日曜日と東北クラブユース連盟総会がありました

年間のだいたいの日程も決まり、ユースは選手権一次予選の組み合わせも決まりました

シーズン到来ですな

ユースは土曜日ナイターゲームをしました

お相手していただいたのは、定期的に練習試合をお願いしている社会人チームソウルさん

テーマはワン・ツー・スリー

しかし試合前にアクシデント ツートップの1人、軍馬高杉、体調不良のため欠場

ボス、何を間違えたか人数をピッタリで召集

ジュニアユースは午前中にガッチリトレーニングで声を掛けてはおらず、やはり10人

いくらドアを開けても中身の増えない冷蔵庫のように、いくら数えても10人

あっ11

34歳オールドルーキーを数えて11人

サッカーはミスのあるスポーツだからねっと 再三前置きに言い訳を述べて参加しました。

一本目を終え、率直に・・・ 君ら、すごいなぁと。 中に入ってよくわかったのですが、よく動けますよ

そりゃ毎日ルービー飲んでるメタボなおっさんと比較することじゃありませんが

練習の賜物です彼らは苦しい練習も楽しんでしまうんです

一番ビックリしたのは吸収力と理解力の速さです 先日もお伝えしたワン・ツー・スリーですが、理解するには数をこなさない限り難しいのです

何度も何度も繰り返し、やっと流れや身体になんとなく『慣れ』というものができ、その後にやっと理解がついてくるのです

それなのに彼ら凄いんです、本当に

目まぐるしく動くボールと人まるでジャグリング

30分を3本。中で一緒にプレーしているので一本一本ごとに進化していくのがリアルに体感できました

それはゾクゾクと音が出るくらいの期待感と興奮

すぐに体現できる彼らに尊敬。

センス以上のものを感じました彼らから教わりました。日々の積み重ねはセンスを上回ると

日頃からのトレーニングに向かう姿勢が、努力・反復・考える力という難しいものを、ごく自然に当たり前にこなしていけるようになったのでしょう

オールドルーキーは試合後おもわず今日は楽しかったなぁもう一度高校生になって、君らと全国目指してぇなぁと。

本当に楽しかったたくましさも感じました

仙台FCはオッサンが入っても楽しいサッカーをします

パソコンからアクセスして頂いている方へ

Published on 2009.03.02 at 16:09 by Sendai FC Staff

関連記事