ぎゃふん・・・その3

同点引き分けでもベスト4が決まるアズーリは1点を奪いに怒涛に攻め入ってきた。サポーターの悲鳴が、命の縮む場面が、次々と襲いかかる。身体はぼろぼろ。何度も何度もゴール前からボールを掻き出す。一心不乱。精神力だけが・・・仲間への想いが・・・彼らをピッチに立たせた。(もう、1点も奪われてたまるか・・・)  

尚樹、大地、貴哉、キーパー3人はいつも心をひとつに、いつ誰が出場しても3人は一人になってゴールマウスに立ってきた。3人はいつも声を掛け合いひとつになって、一人を送り出してきた。(あいつらの為に、死んでもゴールは割らせない・・・)尚樹が踏ん張った・・・大地、貴哉が最後まで声を出し切る・・・3人で守る!!『絶対に仙台FCゴールは割らせない!!』70分間の・・・恐怖と勇気。   

皆で戦い続けた 長い長い70分間の終わりを告げる笛の音・・・未来の壁を蹴破りなだれ込み、飛びつき、跳ね上がり抱き合う選手たち・・・フェンス越しから包む鐘の音のような歓喜・・・未来が仙台FCを迎えてくれた・・・

あまりに嬉しく、まるで優勝したかのような騒ぎ・・・対戦相手様への配慮が欠けていたことをここでお詫び申し上げたい・・・そして、素晴らしい試合ができたことに心から敬意を・・・ありがとうございました。

そして我々が新たに、これから恥ずかしくない戦いをして行くことを決意しなければならない。『朝から晩までサッカー漬け、怒鳴られ、ボロボロにるまで走り、涙流してもひらすらにボールを追い掛け・・・おまえらがここまで頑張ってきたのはいつか必ずこのクソ代表をぎゃふんと言わせる為だったけなぁ・・・まぁ未来の入り口にやっと立っただけだけど・・・夢にはまだまだ遠いけど・・・しょうがねぇ。約束だな・・・』

『・・・ぎゃふん 』

・・・一同、失笑・・・。
仙台FCベスト4進出!!東北大会出場!!

Published on 2012.05.29 at 20:46 by Sendai FC Staff

関連記事

  • スタッフブログ 2012.05.28

    ぎゃふん

    そして本当の意味で、サッカーを創ること、戦う仲間を作ること、仙台FCを強くすることが、見えてきた・・・絶対に諦めないこと!! 誰も仙台FCなんか期待しちゃいないし、どこも仙台FCなんか恐れてもいない・…

  • スタッフブログ 2012.05.28

    ぎゃふん・・・その2

    得失点差から引き分けではベスト4進出はできない。勝つこと。与えられたこと。それは勝つことのみ。 勝てば、クラブユース初のベスト4進出。6年目で歴史を変えることに・・・。表情は明るかった。いつもの強張っ…