筋トレ後には何を食べる?

先日のアンケートの結果報告です。
アンケートの結果を見ると、運動後に食べるもの(食べさせたいもの)や、試合前に食べるもの(食べさせたいもの)にみなさん迷っているようです。しかし、サポートしたい人のために栄養学を勉強し、朝昼晩つきっきりでアドバイスすることはなかなかできません。ここで大事なのは、選手自らが「自分で選べる知識」を身につけることです。
今回は、特に多かった「筋トレ後、試合後は何を食べたらいいの?」についてお話しします。

筋肉の回復に必要なのは、たんぱく質+ビタミンB1+アリシン
たんぱく質にも動物性と植物性があるのはご存知ですか。例えば動物性たんぱく質といえば、豚肉、牛肉、鶏肉、たまご、魚、乳製品。植物性たんぱく質といえば、大豆などがあげられます。どちらもバランスよくとっていただくのが理想ですが、プラスαの栄養素がさらに効果を発揮します。それがビタミンB1とアリシンです。

ビタミンB1は玄米、豚肉、豆類などに含まれていて、炭水化物をエネルギーに変える役割も持っています。脳や神経系のエネルギー源でもある糖質を素早くエネルギーに変えるなら、このビタミンB1は必須と言ってよいでしょう。

そしてアリシン。アリシンはネギやにんにく、ニラなどの香りのもとになる成分で、ビタミンB1の吸収を高め、疲労回復には欠かせない栄養素です。これらを組み合わせ、毎日バランスよく体に摂り入れることが、疲れにくい、そして回復の早い体作りの近道なのです。

<たんぱく質を多く含む主な食品>
鶏むね肉、豚ヒレ肉、牛ももお赤身肉、マグロ、カツオ、サンマ、アジ、高野豆腐、納豆、枝豆、たまご、チーズなど。

<ビタミンB1を多く含む主な食品>
豚ヒレ肉、豚もも肉、しらす干し、玄米、大豆、そら豆、枝豆、まいたけなど。

<アリシンを多く含む主な食品>
長ねぎ、玉ねぎ、にんにく、ニラなど。

これらがなんとなく頭に入っていれば筋トレ後の腹ごしらえも迷わずバッチリですね!

Published on 2015.02.11 at 22:48 by Sendai FC Staff

関連記事

  • アスリートフードコラム 2016.08.01

    トレーニング後のリアルメニューをご紹介

    ある日のメニュー。 ・白米(炭水化物)→エネルギー補給 ・鶏ささみのあっさりオリーブオイルフライのにんじんとレタス添え(動物性たんぱく質、ビタミンA、C、U)→筋肉補強 ・小松菜と油揚げのお味噌汁(カ…

  • アスリートフードコラム 2015.03.05

    3ヶ月後、勝つためには

    繰り返しこそが強靭な肉体づくりの近道。 トレーニング後たんぱく質を補う理由とは、トレーニングによって筋繊維が破壊されたのを修復するといった意味合いがあります。筋肉は、破壊(トレーニング)→修復(たんぱ…